詳細検索>>

プレビルドとは

「プレビルド」という販売方法はコンドミニアム分譲の事業主が建設許可取得後において工事着手前から販売を始めるものをいいます。

日本ではあまり聞きなれませんが、タイ、マレーシア、シンガポール等海外では一般的に行われている事業手法です。「プレビルド」物件 の特徴は販売開始時においては価格設定がディスカウントされる傾向があり、販売が進捗し工事の完成が近づくにつれて販売価格が 上昇して行きます。(新規販売時と最終販売時の価格差が20~30%になるケースも数多くあります。)

このように販売開始時のディスカウント価格で購入し、完成までの価格上昇を見込んだ投資方法がプレビルド投資とも言われており、 国内外の投資家に広がっております。 またタイは急速に発展を遂げておりますが、今後交通インフラの整備や大型商業施設の建設等目白押しで、エリアによってはまだまだ 不動産価格の上昇が見込まれております。

より良い立地で、プレビルド販売の仕組みをうまく使うことによる投資手法がプレビルドコン ドミニアム投資です。

タイの不動産はプレビルド物件が多い

プレビルドの割安価格が魅力

免責事項

 ※プレビルド物件の価格上昇については物件の立地、環境、事業主等により差異があり当社が保証するものではありません。また、 建設計画の遅延、変更、中止等のリスクが発生する場合があります。このような場合当社では一切の責任を負いかねますので、お客様 自身の判断でより良い投資物件をお求めください。

タイのプレビルド物件一覧