詳細検索>>

相続税(Inheritance tax)

タイ国内で「相続税」が導入されました。2015年5月22日にタイ国家立法議会(NLA)での、相続税関連法案を賛成多数で可決後、2016年2月1日より正式導入となっています。

相続税導入は、タイ国内で初めて国内富裕層をターゲットにした税制です。法律に違反した場合、罰金50万バーツ、資産の隠匿は禁錮2年および罰金40万バーツ、相続税関連の詐欺をはたらいた場合、罰金20万バーツがそれぞれ科せられる予定。

現時点で、報道されているタイの相続税の課税内容は以下の通りです。

  • 1億バーツ(約3.6億円)までは控除対象
  • 税率は5% ※子や孫、親以外が相続する場合は10%課税
  • タイ王国官報に掲載された180日後に正式に施行
  • 現段階では2016年初めに施行予定
  • 課税対象は不動産、証券、債権、預金、自動車、その他金融資産等
  • 海外資産には課税されない (出所: Bangkok Post “http://www.bangkokpost.com/news/general/570347/inheritance-law-passed”)

タイの世帯平均所得は年間140万円程度のため、現時点では大半の世帯に影響はありません。しかしながら、今後控除額の引き下げが行われる可能性も識者が言及しています。

新着タイ不動産