詳細検索>>

タイ移住について

タイは 文化的には仏教徒が一番多く、比較的日本人が違和感なく生活できる環境が整っています。 インターネット環境も都市部では、あまり日本と変わらないほど普及しており、既に4Gのサービス提供も開始されています。

日本の総人口は2008年をピークに2010年から減少傾向となっています(総務省統計局より)。 同年以降は年々日本の人口は減少を始めています。その減少数の中には、少子高齢化、自然死だけではなく海外移住、海外に居住地を移す日本人も多く含まれます。多くの日系企業が海外へ進出している現在は、企業の進出やマーケットの拡大などで、海外移住者の数が増加の一途をたどっています。ここ数年で、1年当たり平均で12万人もの日本人が海外に居住地を移動させています。(総務省統計による)

タイ王国は、移住先のランキングにも1位、2位にランクインする人気度です。 その理由にタイには日本人が生活しやすい生活環境が整っているからです。

一部サイトで、移住はマレーシアが人気1位とありますが、実際にはマレーシア在住の日本人は約2万人で、タイ在住の約15万人(日本大使館への届出上は約8万人ですが実際は10万人とも15万人とも言われています)とは大きく差があるのが、住みよい証拠でではないでしょうか。

生活物価は、日本の5分の1と言われていますが、バンコクなどの都市部では3分の1程度を考えて頂いたほうがよいかもしれません。それでも日本と比べると食料事情は低く当然衣料や生活雑貨も安価です。

Lumpini Park Lights

ルンピニ公園から眺めるバンコクの夜景 Flickr©Igor Prahin

Bangkok Streetfood

屋台のタイ料理は1食30バーツほど Flickr©mattmangum

Budha Temple,  Bangkok

バンコク市内には美しい寺が沢山あります Flickr©Roshan Kumar

タイの高度な医療

タイ国内の医療水準は、東南アジアではシンガポールと並ぶ高水準で、日本と大差ない医療を受ける事が可能です。

特にバンコクでは日本語対応可能な大病院も多く、基本的には日本の保険こそは使えませんが、安心して海外居住できる要素ともなっています。外国の保険会社から多くの移住者向けの保険商品も出ておりますでの、医療に関しても比較的安心して長期滞在が可能です。

バンコクの病院には日本人医師が多くおり、日本語対応可能なホームページなど充実しています。 診断書も日本語で出ることから、日本からの医療ツーリズムで人間ドックなどの利用者も後を断ちません。

このようにタイの医療水準は高く、隣国ミャンマー、カンボジアからの富裕層の医療ツーリズムの入域者も増加しています。

Samitivej Srinakarin Hospital Bangkok

バンコクの病院 Flickr©SierraSunrise

 

タイでの教育

タイ国内には日本人学校が2つあり、バンコク市内のトンロー地区、日系工場が多いシラチャー地区にあり付近は多くの日本人で賑わっています。

また近年では英語での教育が増加し、バンコク市内のインターナショナルスクールも増加し、日本人学校だけではなくこのような民間のインターナショナルスクールも人気が上昇しています。

DSCF3690

様々な民族が共に学ぶインターナショナルスクール from Flickr©Kincaid International School of Bangkok

 

ビザに関して

ただ最近人気のあるマレーシア、フィリピンと比較すると、ビザの面ではタイはやや劣ります。

タイでは長期在留が認められるているビザとしてロングステイビザがあります。タイ王国大使館などのサイトでは、非常に取得が面倒な手続きとなっていますが、タイ国内に多くある取得代行の会社に依頼すると、かなり簡単に取得が可能です。(必要書類があれば1~2日)条件として80万バーツ以上の銀行口座(外国からの送金証明要)と、満50歳以上であることが条件です。

また50歳に満たない方も、ビザ取得代行の会社で、長期滞在をされているとのお話を良く聞きます。

タイは隣国に、ラオス、カンボジア、ミャンマー、マレーシアとフライトで1時間圏内に多くの国があり、一度飛行機で出国することで、30日の滞在が可能となります。(多くの方が、隣国でタイの観光ビザの60日を取得され再入国されます)

タイ国内の日本人求人も多く、これらの需要が追い付いていない環境もよく聞かれます。この場合は、就労する企業で労働ビザを取得してもらえますので、長期滞在とタイ国内での就労が可能となります。

タイ隣国の国境の行き来をするビザランというサービスも複数あります
タイ最大級の人材派遣会社は日本人経営 ➠ Personnel Consultant

タイランドエリートカード

タイのビザを取得するもう一つの選択肢として、タイランドエリートというサービスがあります。タイランドエリートカード、タイランドイージーアクセスという5年から最大20年間在留を認められるビザが発行されています。 やや高額ではありますが、タイ国内の不動産等のコンドミニアムを取得されている場合は、タイランドエリート、イージーアクセスともに価格が減額される措置もございますので、投資でのコンドミニアム購入ではなく、将来的に居住をお考え、海外移住をお考えの場合は、取得をおすすめ致します。

タイランドエリート ラグジュアリービザサービス

タイ移住にも満足できる不動産一覧